ADMIN TITLE LIST

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本文を読むには、▽続きを読む▽をクリックしてください。

FC2ブログランキング

ある男が旅先で泥棒に遭い、旅行カバンと財布入りのバッグを盗まれてしまった。

帰りの航空チケットは運良く背広の内ポケットに入っていたが、空港までタクシーに乗る金がなかった。

男はホテルの前で客待ちをしていたタクシーに乗り込み、運転手に事情を話した。

「…というわけなんだ。自宅に戻ったら速達で倍の料金を送るから、空港まで乗せていってくれないか?」

「ふざけんな、こちとら商売なんだぜ。金がねぇんなら俺の車から出ていきやがれ!」

男は何度も頼んだが、運転手は頼みを聞いてくれなかった。

男はやむなくヒッチハイクをして、どうにか空港にたどり着いた。

一年後、男は同じ土地を訪れ、今度は無事に旅行を楽しんでから帰路に着いた。

ホテルの前で客待ちをしているタクシーの列を見つけ、先頭のタクシーに乗り込もうとした男は、一年前の非情な運転手が列の最後尾にいるのに気付いた。

男は、あの慈善の心を持たない運転手に仕返しをしてやろうと考えた。

男はまず、先頭のタクシーに乗って運転手に尋ねた。

「空港まではいくらかかる?」

「15ドルくらいだね」

「じゃあ、50ドル払うから、途中で俺とセックスしてくれないか?」

「なに!? ふざけるな! 俺はホモじゃねぇ! とっとと車から降りろ!」

男は先頭のタクシーから降り、2台目のタクシーに乗って同じ質問をした。

2台目のタクシーの運転手も激昂し、男は車から降ろされた。男は同じ質問を3台目、4台目…と、次々に繰り返しては、車から降ろされた。

そして最後の、あの運転手のタクシーに乗り込み、男は言った。

「空港まではいくらかかる?」

「15ドルくらいだな」

「じゃあ、空港まで頼む」

運転手は何の疑問も持たずにタクシーを出した。

前に並んでいるタクシーの横を通り過ぎるとき、男はそれぞれの運転手に笑顔を向けながら親指を立てた。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 NET-LOG, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。